ACCESS VBA Meキーワードの使用方法

Meキーワードの使用方法

ACCESS VBAのイベントプロシージャ上で、現在開いているフォームの特定のコントロールから値を参照するケースは多々あります。

こうした時に便利なMeキーワードの使用方法についてご紹介します。


こんにちは。
はこにわガジェット (@hakoniwagadget) です。

ACCESSを使った売上管理、顧客管理などのデータベース開発を行っています。
ACCESSは基本機能だけでも十分便利ですが、VBAを使うことで格段に使いやすいデータベースを作成可能です。
この記事ではACCESSでのVBAの使い方をご紹介していきます。

Meキーワード

Meキーワードは、現在操作しているフォームやレポートなどを表現するキーワードです。

例えば、下記のフォームで、テキストボックスに入力した文字を、メッセージボックスに表示してみます。

テキストボックスの更新後処理イベントで、以下のようにコードを記述しました。


Private Sub テキスト_AfterUpdate()

    MsgBox Me!テキスト

End Sub

すると、上記のようにメッセージが表示できます。

ここで、「Me」はイベントプロシージャが設定されているフォーム自体を表しています。
今回のサンプルでは「T_me」という名前のフォームです。

そのため、上記のコードは下記のように書き換えても動作します。


Private Sub テキスト_AfterUpdate()

    MsgBox Forms!T_me!テキスト

End Sub

とはいえ、毎回フォーム名を指定するのは面倒ですよね。
そうした時に利用できるのがMeキーワードなのです。

以上、Meキーワードの使用方法をご紹介しました。


ACCESSを使いこなせば、業務の効率化や自動化が実現できます。
しかし、自分でACCESSを学ぶには時間がない、難しそうで不安、という方も多いでしょう。

そんな時は、ACCESS開発歴20年以上、過去に100以上のACCESSデータベースを開発してきた私(@hakoniwagadget)にお任せください。

ACCESSの新規開発、既存のACCESSの修正、ACCESSの操作レッスンなど様々なサービスをご提供しています。
ご興味のある方は下記のサービス一覧をご覧ください。

サービス一覧

最後までお読みいただき、ありがとうございました。