ACCESS リンクテーブルの作成方法

リンクテーブルの作成方法

ACCESSのテーブルを利用者が間違って消してしまった。
誤操作でデータがなくなってしまった。

そんな経験はありませんか。どうしても複数人でデータベースを運用すると、慣れていない人やミスでデータの欠損が発生するリスクは否めません。

そうしたリスクを軽減するために、ACCESSではリンクテーブルという方法をとることが可能です。

今回は、リンクテーブルの作成方法をご説明します。


こんにちは。
はこにわガジェット (@hakoniwagadget) です。

ACCESSを使った売上管理、顧客管理などのデータベース開発を行っています。
ACCESSは使いこなすために少しスキルが必要なものの、うまく活用すればExcelよりも業務の効率化が図れます。
この記事ではACCESSの基本的な使い方をご紹介していきます。

リンクテーブルとは

初めに、リンクテーブルの概念をご説明します。

リンクテーブルとは、Windowsでいうショートカットのようなもので、データの実体は別の場所にありつつ、そのデータを呼び出して利用することができるというものです。

ACCESSの場合は同一のACCESSファイル内にテーブルを保有するのが基本ですが、リンクテーブルを使用すれば外部のテーブルを参照して、あたかもファイル内にテーブルがあるかのように扱うことが可能です。

リンクテーブルの良い点は、利用者が誤ってテーブルを削除することがない、という点です。

ACCESSはテーブルに格納されているデータが命ですから、不慣れな利用者によってテーブル自体を削除されてしまうことは避けなければいけません。

リンクテーブルにしていれば、誤操作によってリンクを解除してしまったとしても、テーブル自体を削除することはできないので安心です。

ただし、データ自体の書き換えはできてしまうので、参照先ファイルの定期的なバックアップは必要でしょう。

リンクテーブルの作成方法

それでは、リンクテーブルの作成方法を見ていきましょう。

ACCESSのメニューから「外部データ」→「ACCESS」を選択します。

データの取り込みウィザードが表示されます。

リンクさせたいテーブルを含むACCESSファイルを選択し、リンクテーブルを作成してソースデータにリンクする、を選択します。

リンクさせるテーブルの選択画面になります。

リンクしたいテーブルを選択します。

リンクテーブルが作成されます。

テーブルのアイコンの左に矢印のマークがついているのがリンクテーブルのしるしです。
リンクテーブルも、実際のテーブルと同じようにACCESS内で扱うことが可能です。

以上、リンクテーブルの作成方法についてご紹介しました。


ACCESSを使いこなせば、業務の効率化や自動化が実現できます。
しかし、自分でACCESSを学ぶには時間がない、難しそうで不安、という方も多いでしょう。

そんな時は、ACCESS開発歴20年以上、過去に100以上のACCESSデータベースを開発してきた私(@hakoniwagadget)にお任せください。

ACCESSの新規開発、既存のACCESSの修正、ACCESSの操作レッスンなど様々なサービスをご提供しています。
ご興味のある方は下記のサービス一覧をご覧ください。

サービス一覧

最後までお読みいただき、ありがとうございました。